×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青汁 ケール

ケールとは?

 

 

ケールは青汁の原料の代表格ともいえるものですね。

 

 

ケールはキャベツの一種です。

 

 

1年中栽培できるので、非常に生命力が強い緑黄色野菜と言われています。

 

 

栄養価が非常に高いので青汁の原料として使われているのです。

ケールの成分

 

 

ケールには、抗酸化作用のあるβカロチンやビタミンE、美肌効果のあるビタミンC、そして目の健康に良いとされているルテインが豊富に含まれています。

 

ケール100gの成分
熱量40kcal
ビタミンA 3300IU
ビタミンC 125mg
ビタミンE 8.0mg
カルシウム 225mg
ビタミンB1 0.15mg
ビタミンB2 0.35mg
たんぱく質3.9g
脂肪0.6g
糖質7.2g
その他、各種ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

 

ただし、青汁にした場合これらすべての成分が含まれているとは限りません。

 

製法の関係で成分が壊れてしまう事があります。

ケールの効果・効能

 

 

ケールには抗酸化作用のある成分が豊富に含まれています。

 

体内のサビと言われている活性酸素を除去してくれる働きがありますので肌の老化を防いでくれます。

 

また、活性酸素はがんの原因とされていますので、がんの予防にもなります。

 

 

そして、ケールには食物繊維が豊富に含まれています。

 

ですから、便秘解消の効果が期待できます。

 

また、食物繊維には体内の余分なコレステロールを体外に排出してくれる働きもあります。

 

そして、血糖値の上昇を抑える効果もあります。

 

 

その他、生活習慣病の予防、アレルギー改善などの効果も期待できます。